SSブログ

湯シャンで洗い流さないトリートメントはNG!湯シャンの効果をゼロにする界面活性剤の害 [湯シャンでやってはいけないこと]

湯シャンを始めてから髪のパサつきが気になる、
という人が多いようですね。
そういう時に洗い流さないトリートメントを使う人も
中にはいるようですが、その場合の効果はどうなのでしょうか?

そこで今回は、湯シャンで洗い流さないトリートメントを
使うことについて書いていこうと思います。


スポンサードリンク




肌を傷める界面活性剤の害



湯シャンは、シャンプーや石鹸などを使わず、
お湯だけで髪の毛を洗うこと。

シャンプーや石鹸を使うと髪や頭皮に良くないため、
これらをやめることで髪の毛の状態が改善するのです。

なぜシャンプーや石けんが良くないのかというと、
界面活性剤が含まれているから。

界面活性剤は自然界にも存在するものですが、
これは水と油を乳化させるはたらきを持つものです。


界面活性剤を使うと、本来なら混ざり合うことのない
水と油が混ざるため、
石けんやシャンプーはもちろん
乳液、クリーム状のとろっとした化粧品全般には
ほぼ全て入っていると言えます。


界面活性剤の何が良くないかと言うと、
水と油が混ざるはたらきがあるために
それが皮膚に触れると
皮膚を保護している油分が取り去られ、
肌が守られなくなってしまうからです。

肌がむきだしになっているところに
化粧品などの添加物で肌がさらに
痛めつけられることになりますから
肌へのダメージがとても大きくなり、
肌のメカニズムが乱れてしまうのです。


こういった理由から、お湯だけのシャンプーに
切り替えることで、頭皮の状態が改善し、
じょじょに健康な状態に戻るようになります。


スポンサードリンク




湯シャンで洗い流さないトリートメントはNG



ですが、湯シャン実践者の中には
「シャンプーを使わずに
洗い流さないトリートメントを使えば大丈夫だろう」
と考え、使う人もいるようです。

確かに、髪を洗うときには
お湯だけを使っているのであれば
「湯シャン」と言えるのかもしれません。


ですが、湯シャンの効果を出したいのであれば、


洗い流さないトリートメントは使ってはいけません。


シャンプーは使っていないのだからいいんじゃない?
と思うかもしれませんが、
洗い流さないトリートメントにも
界面活性剤は入っています。


シャンプーよりはダメージが少ないとは思いますが、
確実に頭皮と髪にダメージを与えます。

髪がパサついたりまとまらない時に
使いたくなる気持ちも分かりますが、
それでは湯シャンの効果がなくなってしまいます。


パサつきが気になる場合は、
工夫して解消する方法もあります。

次の記事でパサつき解消の工夫の仕方を
お伝えしていますので、ご覧ください^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます